弘前超音波研究会とは

□目的

超音波検査を行う医療関係者の技術と知識の習得、臨床に関する情報交換を目的としています。

 □「血管診療技師(CVT)」の資格更新単位が取得できます!

当会は、第6回研究会以降、4学会構成血管診療技師(CVT)認定資格更新講習会の指定を受けております。参加単位は各会のプログラムを参考にして下さい。

 ☞ 血管診療技師認定機構ホームページはこちら

 □「超音波検査士」の単位が取得できます!

当会は、「社団法人日本超音波医学会認定超音波検査士資格更新実施内規による研修・業績単位表指定超音波関連学会・研究会」に指定されております。

参加単位:5単位、発表・講師単位:5単位が取得できます。 

 ☞ 超音波検査士資格更新関連学会・研究会 はこちら 

研究会に御参加いただいた皆様へ


 第30回弘前超音波研究会にご参加いただき大変ありがとうございました。今回は97名の方にご参加いただき、盛況のうちに会を終えることができました。

 一般演題で発表された先生方、御協力をいただきました株)富士フィルムヘルスケア様、株)富士フィルムメディカル様、そして特別講演をいただきました関西電力病院 佐藤洋先生、松尾クリニック理事長 松尾 汎先生には大変感謝いたします。

 次回は10月を予定しています。日程が決まり次第ご報告いたしますので、次回のご参加につきましてもよろしくお願いいたします。

第30回弘前超音波研究会プログラム(終了)

13:00

【開会の挨拶】 船水康陽 先生

13:05-13:35

【一般演題】各10分(発表7分、質疑3分)

座長:弘前大学医学部附属病院検査部 武田美香 先生

   黒石市国民健康保険黒石病院臨床検査科 須々田綾子 先生

1「2型糖尿病患者におけるWall Shear Stressの有用性に関する検討」

東北大学病院生理検査センター 成田心 先生

2「心エコー検査時におけるValsalva負荷の役割」

弘前大学医学部附属病院検査部 赤碕友美 先生

3「当院の地域連携における胎児エコー成績報告(令和元年、二年度)

青森市民病院臨床検査部 新山聖子 先生

13:35-14:05

【メーカーセッション】30分(発表25分、質疑5分)

座長:青森慈恵会病院臨床検査科 一戸香都江 先生

.「富士フイルムのARIETTA新シリーズ」 

    富士フイルムヘルスケア(株)

.「富士フイルムのブラッドアクセスエコー」      

    富士フイルムメディカル(株)

14:05-14:10

【学会、セミナー開催案内】5分(各2分)

「第9回東北血管エコーセミナー」  東北大学病院 船水康陽 先生

「第62回日本超音波医学会東北地方会」

    青森県立中央病院 田嶋育子 先生

10

休憩

14:20-15:20

【特別講演1】60分(講演45分、質疑15分)

座長:東北大学病院生理検査センター 船水康陽 先生

「血管エコー最近のトピックス」

関西電力病院臨床検査部技師長 佐藤洋 先生

15:20-16:20

【特別講演2】60分(講演45分、質疑15分)

座長:のだ眼科・血管内科クリニック 野田浩 先生

「浮腫みの診かた:エコーの活用法」

松尾クリニック理事長 松尾汎 先生

10

休憩

16:30-17:00

【第30回特別企画 血管エコーのお悩み解決し隊!チャットでQ&A

血管エコーに関する「装置の設定」「検査法」「レポート作成」など何でもZOOMのチャットから質問を受け付けし、お悩み解決のご協力をいたします。質問の受付時間:16:20-16:50

 司会:千葉祐二先生(八戸西病院)、田嶋育子先生(青森県立中央病院)

解決し隊(回答者):船水康陽先生(東北大学病院)、佐藤洋先生(関西電力病院)、野田浩先生(のだ眼科・血管内科クリニック)、松尾汎先生(松尾クリニック)

17:00

閉会の挨拶 野田浩 先生